足幡blog

イラストレーター&漫画全般クリエイター、足幡のお絵描きや同人活動のネタなどを目的とした趣味のブログです。    

カテゴリ:コラム >

激おこぷんぷん丸6パターン銀魂版

まず、基本6段階の復習です。


1,おこ

2,まじおこ

3,おこぷんぷん丸

4,ムカ着火ファイアー

5,カム着火インフェルノ

6,おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム


おこ系と着火系は本来まるで違う系統という説もありますが、
比較してみると明確な区別があって、かなり使い分けやすいです。

はじめて聴いた時は言いようのない違和感を覚えたものですが、1日くらいで急速に慣れました。
むしろ『銀魂』などのセリフで普通に使われていそうなくらい自然です。

で、当然の如く続きを考えてみました。
えぇ、漫画系クリエイターの血が騒ぐんです。








7,セブンスおこへヴン&ヘル《-天獄-》
セブンスおこ・へヴン&ヘル《-天獄-》イメージ

【解説】ぷんぷんDreamが棒状武器使用&空中乱舞的なニュアンスなのに対して、セブンスおこは一度上空圏まで上昇してから、真逆様に突き落されるとされる第二波展開が特徴です。
前段階ですでにファイナルって入ってましたが、ファイナルと言っておきながらまだ続きがあるのは、連載漫画ではよくある展開なので全く気にしていません。






8,極おこコキュートス(氷結地獄)
極おこコキュートスイメージ

【解説】コキュートスとは地獄の最下層にあるといわれる氷結地獄のことで、二度と溶けることのない氷のような雰囲気です。炎のような怒りとは対極ですが、むしろイメージしやすいかもしれません。






9,アルティメットおこエターナルインフィニティアリティフォーエバー
アルティメットおこエターナルインフィニティアリティフォーエバーイメージ

【解説】永遠(とわ)に・・・・というかんじで、これを見たものは二度とその消息を定かに聴かない・・・、というまさに究極最終進化形態。





【結論】
怒りすぎるのはやめましょう。




1/700 特シリーズ103 日本海軍 軽巡洋艦 鬼怒




※以下、ログ。














…というわけで、思いつくだけなら1日以内に7,8,9段階を足幡は創作していたみたいです。もったいないので自分で保管してみました。

銀魂―ぎんたま― 53 (ジャンプコミックス)

nacchiくんとの冗談で始まったWBC(World Baseball Cinema animation directors)の、

◇アニメ映画監督日本代表選抜チーム【予想】

1番 原恵一
2番 細田守
3番 渡辺信一郎
4番 宮崎駿
5番 押井守
6番 庵野秀明
7番 大友克洋⇒鶴巻和哉
8番 神山健治
9番 河森正治(DH)

代打に幾原邦彦(※女性人気対策)。
世界で戦うにはこんなかんじかな…?
大友さんは事前発表メンバーにはいますが、スタメンで変更します(打点重視)。
他に選抜メンバーは摩砂雪、水島努、水島精二など磐石の布陣。
なんだかんだいって日本の層は厚いですね!

ちなみに選考は2013年予想なので、いまご存命中の監督限定です☆!


で、最大のライバルはやはりUSA…しかいない。

◇全米アニメ映画監督代表チーム【予想】(※総監督・製作総指揮含む)

1番 ジョン・ラセター
2番 ティム・バートン
3番 マイケル・ベイ
4番 ジョージ・ルーカス
5番 ピーター・ジャクソン(DH)
6番 アンドリュー・スタントン
7番 ピート・ドクター
8番 クリス・サンダース
9番 ブラッド・バード

一番ジョン・ラセターはさすがUSAも勝気満々の布陣。
そして4番はアニメというよりILM(Industrial Light & Magic)設立者のジョージルーカス(&Pixarの母体の設立者)。

ピーター・ジャクソンはもぅアニメ監督でいいでしょう!だって主役みんなCGだし。
というかUSAアニメーションは必ずしも2Dを意味しないので選抜がむずかしいですね。
代打は…あの伝説の…? どなたか予想お願い致します。

そして勝敗は…??!

ラセターさん、ありがとう [DVD]

ガルパン

※三部構成です。

■落語編

「いやぁ〜ところで熊さん。最近はどうも『ガルパン』なんてアニメが流行っているらしいが『ガルパン』っていってぇ何だぃ?」
「おやハッつぁん。知らねぇのかぃ?『ガルパン』ていやぁあのストライクウィッチーズで有名な島田フミカネのキャラデザさぁ。」
「お!つまり『ガルパン』てのは『ガールズはパンツじゃないから恥ずかしくないもん!』の略かぁ〜相変わらず粋だねぇ!」
「…と普通ならおもうだろ?ところがどっこい今回の『パン』はパンツァーの略よ!」
「ぱんつはぁ?『ガールズはパンツはいてないから恥ずかしくないもん!』だな☆!」
「おいおぃ…パンツ履いてなかったら駒都えーじになっちまぅじゃねぇかっ☆!」

駒都えーじ画集@マーブルマトリクス


■俺とガルパン

…という江戸っ子がそこいら中で妄想しているのは間違いないかと想われますが、『ガルパン』は当初全然ストパンと関係ないと思ってノーチェックだったんですよ。でも、オフ会でマイミクのきよみさんに「足幡さんが観てないのはおかしい!!」といわれて慌てて視聴したんです、バンダイチャンネルで。

で、EDでまさかの島田フミカネがテロップに出て「うわぁ〜!フミカネが眼デカく描いてる!日和ったなフミカネ!そんなにお金がほしいか!」と叫んだわけで…。

あとで調べたらフミカネ先生はキャラ原案で、アニメ一般ウケなリファインはあくまでもアニメーターの可愛い悪戯だったとおもうのです、いやマジで。というかフミカネは次回作は戦車ウィッチーズを創ると思っていたので(※脚がキャタピラになっているメカ少女。同人誌にはいくつかキャラクターも描かれている。)、次が戦車そのものだったのは意外だったのです。


そして『ガルパン』を観て、俺が猛烈に思い出したのは、「俺は戦車が大好きだ。」ということです。

どれぐらい好きかというと俺の生涯最初の作品が戦車の紙芝居(4,5才)だったくらい。というかソレを思い出したのです。うわぁああああああ!!あぁ…窓が曇ったらそこにかならず戦車の側面を描いていたなぁ、まだダグラムの影響を受ける前(※足幡は幼少の頃ガンダム派ではなくダグラム派だったのです)。4,5才で描いた『戦車の紙芝居』は大作でして、たしかスケッチブック5冊以上描いたような。ともかく俺の原風景の根本にあるんです。多分描いていたのはパンターか四号(爆)!!ティーガーは幼稚園当時そこまで好きではなかったかな…?

というわけで、メカ好きはみんないくつになってもいくつからでも、ともかく一番『戦車』が好き!なわけです。戦闘機が一番好きな河森は珍しい部類です (`・ω・´)キリッ。

島田フミカネ THE WORLD WITCHES (イラスト・画集)


■戦車アニメとはなにか?

で、なぜそれを忘れていたかというと、それくらい戦車は禁忌な題材なんです。なぜなら実在する戦車は戦争で大変活躍したからです。そう、カッコイイ軍服と拳銃に興味をそそられる子供でも、自国を蹂躙した同型戦車をみれば顔が引きつります。それはゆがんでいない教育を受けていれば当然のことです。

例えば、アメリカで実在の原子爆弾を使用したアメフトの作品が作られたとしましょう。リトルボーイズとかファットメンとか。とうぜんピカッ!!チュドーン!!とかなるけど試合に負けるだけ。「次は負けないぜ!」とかいいながら笑顔で握手して終わる。日本人ならハラハラしながらいうことでしょう。「おまえら、広島・長崎でいったい何人死んだと思ってるんだ…!」と。

そういうもののそのものです。実際、本物の戦車が描きたかった昭和のクリエイターは相当苦労したそうです。というか出来なかった。不可触。戦時中の人間がまだたくさん御存命で発言力も強かったから。たしか、反戦のテーマなくアニメに実在の戦車が登場したのは『うる星やつら』でどさくさに紛れて出てきたものが最初だったのではないでしょうか…?いや、それでも当時は相当な反発がありました。不謹慎だと。

だからロボットにしてみたり赤青黄色に塗ってみたりして、これはどう考えても兵器ではありませんおもちゃです。という装いを入念に施して擬似的に創作意欲が消化されていたんです。(※戦車アニメの企画を通す難しさは宮崎駿の『雑想ノート』にも詳しくあります。)

それがついに…戦車と女の子しか出てこないだけのアニメが創られるなんてっ!!往年のアニメーターは腑が煮えくり返っていることでしょう「そんな夢みたいなアニメつくれるわけがあるか!」と。

仏教には『それがやがて時間と共に意味を無くし、ただ形だけが残る。』という概念がありますが、戦車をみてもその記録が語られても、誰の心も痛まずに、ただ形の格好良さだけが消費される、そんな未来がいつかは来るかと思っていましたが、それが2012年の今年かっ!!という悟りに至らされたわけです。

当然、制作者サイドもそれには気付いています。監督が公式Webサイトで「女の子の成長の話がメインで、戦車は少し出てきます。」と書いているのは、万一のための布石のような声です。実際、ロシア編ではネット上でちょっと国際問題っぽく炎上しています。放送が中断しているのは制作に時間がかかっている以外に、クールダウンがあるのではないでしょうか?

あぁ、男の子はなぜ戦車が好きになるのでしょうね?大砲で虐殺したいわけでもキャタピラで殺戮したいわけでもなく、空すら飛べるわけでもないのに…。純粋にその機能と装甲に惹かれるのだと思います。ここに平和でこそ成立する職業、クリエイターの矛盾が生じるのです。

なんというか、島田フミカネが数段階の布石(たとえばストパンでは戦闘機を女の子の脚にはめて、さらにパンツをもっと目立つように演出して、巧にカモフラージュした航空機戦アニメで読者の目を欺き市場の拒否感を低減させるなど。)を経て、ついに投入された一切の虚飾のない(※ロボットに変形したり空を飛んだりしないという意味での)『実在の戦車アニメ』。萌えキャラを付けていれば何でも売れるなんて浅はかな戦術レベルでは誰も完成まで辿り着けなかった、高度に雌伏した戦略作品(※当然、眼が大きい作画も広範囲の市場に受け入れられやすくするための数多い布石の一つ)。それがついに開花した歴史上でも衝撃的なアニメ『ガルパン』に感慨深く想いが廻ったわけであります。

http://girls-und-panzer.jp

ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 1 [Blu-ray]


「…で、『ガルパン』の意味はなんだか覚えてるかい?」

「え〜と、『ガルフォースはパティがいちばん可愛い♡』の略かぃ?」

「おあとがよろしいようで…。」

ガルフォース エターナル・ストーリー [DVD]

iPhone5&ケース写真

というわけでついにiPhone5をゲットしました!!!

うむむむ〜〜〜んんんんん!軽い!軽いぞジョジョぉ!!
そしてなじむ!
予想どおりジョナサン・アイブのデザインはこの手にしっくりなじむぞ実にィ!
3年前にiPhoneを手に入れたが… これほどまでにッ!
最高に「ハイ!」ってやつだぁあフハフハハ☆
そして俺は割賦残債があるのにiPhone4Sを辞めるぞジョジョォおおお〜!!!

JOJO「きさま…、いったいいくらAppleに貢いだというのだ!?」

DIO「んん〜ん!? お前は今まで支払った携帯通信料をおぼえているのか?!!」

※ジョナサン・アイブ:英国紳士。己の信ずるデザインのためならばどのような困難であろうと怯むことなく真正面から受け止め乗り越えてきた、熱き血統の人物。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone5S/5 PJK-71

そういえば、同人誌『NB.』のラストでパクらせていただいたお笑い芸人のネタは、野性爆弾の履くという概念です。まだ関西ローカルで全国放映されてないので気付きにくいかもしれません。そのうちTVでも観れるんじゃないかななんて思ってる芸人さんです。


http://www.youtube.com/watch?v=ZqW4Sor-hDc


※そもそも靴とは履くという概念では無く履かせて頂くという概念で歩んで行こうでは無いのではないだろうか 靴を履くでは無く履かせて頂くという気持ちになれば靴の革の温かみ故に広がる世界の華やかさが人々に見えるのではないだろうか 靴とは革でできた履き物という概念ではなく布でできた履き物という概念を持ってみようではないか たとえばもし人々が靴を履くという概念でなく履かせて頂くという概念であれば緑の美しい茂みの中を歩くべく時代 そう昨今殺戮の時代では新しい概念を生もうではないか 概念 概念 どうぞ そうすれば靴を履くでは無く履かせて頂くという概念が生まれますので みなさんどうぞ 靴を買うではなく買って頂かして貰える 履くではなく履かして頂くという概念を持ってみようではないか さすればこの歪みきった時代に履くでは無く履かして頂ける概念が生まれるのではないだろうか・・・

↑このページのトップヘ