足幡blog

イラストレーター&漫画全般クリエイター、足幡のお絵描きや同人活動のネタなどを目的とした趣味のブログです。    

タグ:感想

R100のパンフレット

会社の先輩に「君は是非観てくるべきだ。」と猛プッシュされたので、松本人志監督第4作、映画『R100』観て来ました。

http://www.r-100.com

なんというか、予告を観た時の足幡の感想は「お、ついに来たか!」でした。もともと『ドS・ドM』という用語を日本中に浸透させた張本人であり、みずからドMとして様々なネタやコントを長年に渡って提供し続けてきた彼ですから、相当独自なイメージがあるのだろうと。期待アゲというやつですね。

しかし、あまりにも彼と彼の映画を見る基本を感じ取れてない感想が多すぎたので、少し不安になってしまいました。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id345946/

第一回監督作品『大日本人』もそうでしたが、私は松本人志の映画は普通におもしろいと思っているんです。なので、なぜ普通に面白いといえるのか解説してみたいと思います。(※足幡は映画評論家ではないのでこういう文章は書きたくなかったのですが、それでも現状があんまりなので…。)

大日本人 通常盤 [DVD]

まずこの映画は、『分かるやつだけ分かればいい、常人には俺の感性は理解できんやろ。』ではないんです。『Mが極まるとSになる!』と作中でもはっきり宣言されている通り、『MはMとしての快楽を得るためにSとして振る舞う』んです。これが基本です。つまり松本はMとしての快楽を得るためにわざと天才アーティスト映画監督っぽい発言をしてハードルを上げているんです。そこからもぅプレイは始まっている(続いている?)んです。この映画はこの基本ギャグの繰り返しです。「やめてくれ!私には病気の妻と子供が…。」からすでに主体的に主人公がプレイしているんです。

SかMか 体の闇がわかる本

MがMとしての快楽を感じた時の作中での表現『じゅわゎ〜ん』も、そこを見誤られないために明確に挿入されています。あれは本人にとって気持ちがいいのだ!と。これは実はTVメディアでは同じ表現方法があって、それは『めちゃイケ・マゾの三兄弟』にみられる恍惚時『ほわゎ〜ん♡』のSE表現です。視聴者にとってはそちらのほうがわかりやすく伝わりやすかったとおもいます。しかしそうではない表現だったのは、松本がパクリを嫌った…だけでなく、リアルなMがMとしての快楽を得ているわかりにくい恍惚時の表現を松本のイメージなりに表現しているから、と同時に作品が『ドMな視聴者が主人公に感情移入して快楽を得る映画』として撮っていないことを表しています。

殺し屋1 特別プレミアム版 [DVD]

読み違いが嫌なので、パンフレットを買って確認してみたのですが、この作品のコンセプトは、『100歳以上にならないとわからない映画』であり、SMは二次的なテーマなんですよ限りなく主題になってますけれど。つまり、もぅあえて入れなくてもいい『100歳の老人が撮った映画』というコンセプトを抜かずに、『100歳以上じゃないとわからない、俺(松本)も100歳じゃないからわからんけどな。』というボケ、のギャグ映画なんです。セルフボケです。マジで突っ込んだらアカンです。

とくに後半は、大規模な舞台崩しが畳み掛けますから、(「あれ?そういう設定だったけ?」という視聴者ツッコミのオンパレードです。)作品を作品として説明し切る最後の視点として残された部分だったんでしょうねぇ。
松本監督作品の全てに言えると思いますが、『観ている人が浜田になって画面にツッコミを入れて愉しむ映画』ですから、その分ハードルが高いとはいえますが、でも我々日本人は、通算視聴率15.8%の『ごっつええ感じ』を、『ガキの使いやあらへんで』を、年末には『笑ってはいけない』を10数年。更には、松本がはっきりと文筆で自らの笑いを語った自伝『「松本」の「遺書」』を読むことだってできるわけですから。初めて観た外国人ならいざしらず、我々は彼の笑いの基本ワザをきちんと体得して、観て、画面にツッコミを入れて楽しむことができるわけです。例えば、やたらキレて登場する「とりあえず何度もFackと言っているのはわかるが、なんであんなにキレてるのかまったくワケわからん」外国人芸などは、松本コントでは鉄板ですから、そういったものを映画ではないと言って理解できない、とするのもなんだかもったいない気がします。

「松本」の「遺書」 (朝日文庫)

最後に、「笑いと悲しみは表裏一体である。」という主張をしている松本人志は、いまだ社会に対して攻め続ける表現者です。幼いころ穴の開いた家に住んでいた彼は、それを面白い話として話しても憐れまれるのを酷く嫌がりました。「ちがう、俺はかわいそうなんじゃない、面白いんだ!…というか、それを面白いと表現するオレが面白いんや!」という松本の魂は、足幡の心の琴線に触れます。「俺は医者やないねんから、お前の奥さんの病気を治してやることはできへん。でも俺は芸人やからお前を笑わしてやることはできる!不謹慎かもしれへんけど!!でも笑って生きてたほうが絶対にええやんけ!!」という画面から読み取った妄想は、足幡のプレイの一部だったかもしれませんが…。

R100 [Blu-ray]

R100 [DVD]

風立ちぬ・七試単戦の残骸

『もののけ姫』以降、以後の作品はすべて遺作として制作されてきた宮崎駿映画ですが、今回の『風立ちぬ』は年齢的にもさすがに最後(72才)ではないかと憶測しているのですが、マジで最後だから…というかとんでもない物を出してきたな!?というのが今回の作品です。
http://kazetachinu.jp

すでに、「子どもが退屈して、席に座っていられなかった」「ジブリなのに、トトロやポニョみたいなキャラが出てこないじゃない!」といった観客がいたとかいないとかニュースになっていますが、
http://www.cyzo.com/2013/07/post_13879.html
今回はそれだけ通常のジブリ作品とは全然違います。黒ジブリですw。
見る人によっては「老いてトチ狂ったか?!」といった感想をお持ちになる方もいるような内容なので、若干の解説と予備知識をご紹介したいと思います。


まず、宮崎駿監督はTVでは『アニメと飛行機と子供と自然を愛する好々爺』という扱いですが、業界やファンや活字系の出版物では多くの方がすでにご存じのとおり本当は『元軍国少年(重度のミリオタ)』『ロリコン』『共産主義者』の人です。

すでに少年の頃からかような記録が雑誌に残っていますから、アニメーターになる遙か以前から軍艦・戦車・戦闘機のような戦争兵器が大好きだったんですね。突然戦争を語り出した訳じゃないんですね、元からこうだったんです。
http://dragoner-jp.blogspot.jp/2013/07/blog-post_24.html
この辺りは、宮崎駿の趣味の漫画としてモデルグラフィックス誌に度々小作品を掲載されていまして、『雑想ノート』というタイトルで本にもなっています。

宮崎駿の雑想ノート

『紅の豚』の原作もココに乗っていますし、今回の『風立ちぬ』もこの流れなのですが、不思議なことに『風立ちぬ』を収録した本がまだ出版されてません(!) 今はネットで一部記事が読めるだけです。
http://goo.gl/lr9Jpj


で、今回の参議院選挙直前にジブリの出版部門から臨時にネット配信された憲法九条改正反対特集記事ですが、
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/
http://www.ghibli.jp/docs/0718kenpo.pdf
内容を読めばまるで赤旗と見まごうばかりの文面です。高畑勲と宮崎駿は20代30代の頃、東映動画でアニメーターの労働組合を設立しようとして挫折した革命の士です。ガチです。油断すると「並んで買った肉は美味しいんだよ。」と訳の分からないことをいまだに言い出されるので注意が必要です。(※資本主義経済で大量に家畜が殺されて廃棄されるより、必要な分だけ並んで買って食べた方が良いという社会主義的計画性経済の比喩。)
『紅の豚』も、あれは「昔は赤の青年だったが、今は資本主義の豚になっちまった!だから紅の豚だ!!」っていう宮崎駿の自分自身に対する自虐ですから!シャアザクみたいなのとは訳が違うのです。
で、『千と千尋の神隠し』でも「きゃぁああ!お父さんが(資本主義の)豚になっちゃった!!」と、テーマとしては連綿と表現されていたのですが、今回は一切隠さずに全面に押し出ているのでちょっと戸惑いを隠せない方が多くいらっしゃるかもしれません、が、元からです。


さらに、個人的にぜひ押しておきたい重要資料が、 サン=テグジュペリ著『人間の土地』(挿絵・宮崎駿/新装版)です。

人間の土地 (新潮文庫)

サン=テグジュペリというと『星の王子様』が有名かもしれませんが、軍事・民間でパイロットだっただけあって飛行機の作品が圧倒的に多いんです(※時代的にも超過渡期)。で、この後書きに宮崎駿が『空のいけにえ』というタイトルの寄稿文を書いているんですが、これは今回の映画の主題そのものです!いかに飛行機がわずか10年の間で大量殺戮兵器の主役になったか、人間の命を吸ったか。情熱というメフィストフェレスの狂気を見つめた文章で、本人の言葉で語られているのが尚のこと興味深いです。これが1998年8月の記。


以前自分でも日記に書きましたが(http://ashihata.blog.jp/archives/52048558.html )、実在の兵器はフツウはアニメに出来ないんですよ。なぜならその兵器に殺された兵士の遺族もそのアニメを見るからです。東南アジアには旧日本軍戦闘機の犠牲になったご家族も大勢いることでしょう。普通に考えれば避けて当たり前の、ファンタジーにして直接表現は絶対避けたい部分です。

なのに今回の映画はそれを分かった上でさらに堀辰雄の小説もまぜ、美化ともとれるような演出を加えながら、堀越次郎の設計した戦闘機には(戦闘シーンはほとんどありませんが)主翼にしっかりと日の丸を入れて描かれています。戦争の美化と受け取られる方もいるかもしれませんがしかしそうではない、と。駿監督は飛行機の自由に空が飛べてカッコ良くて都合の良いところだけを見つめて創作していたわけではないのでありまして、その物狂い司令官としての狂気を自ら責めを負ってそのまま現しているところが凄い…という映画です。

ラピュタ・ラムダ残骸

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡

中原淳一展

横浜そごうでやってる中原淳一展観て来ました。
いつか生で見たかったんですよ中原淳一。まさか近所のそごう6Fでやっていただけるとは…都会って便利。
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/13/0601_nakahara/

簡単に説明しますと、いまのいわゆる少女漫画絵の原型を創った人です。外国人に「なぜ日本の少女漫画は瞳が大きくてキラキラしているの?ホワーィ?」と聴かれたなら「中原淳一のせいです。」と答えましょう。

中原淳一衣装デザイン撮影可能

萌え絵を描く人は一度見に行っておいたほうがよろしくてよ、カバーできていない領域がカバーできます。
この方は戦中戦後の復興期から一貫した美の思想をもっているので、一挙手一投足が心にしみます。貧しくとも心と立振舞の美は美しいのです。絵も大変うまく、まだ自分が紙の上にインクで絵を描いていた頃を思い出しました。


その後、大学漫研で同期のかんなぎれい、Yaskiと横浜モアーズのビヤガーデンで呑み。
日本の萌え絵師100人にも選ばれたかんなぎれいくんは横浜のみなとそふとに転職した際にまた横浜に戻ってきたのでお祝いです。
「あいかわらず君はtwitterで偉そうなこと言ってるよね。」と、あいかわらず歯に衣着せぬ物言いで僕を詰ってくれます。こんなにも正直で誠実な友人こそ大切にしなければなりません。ふえぇ…(;´Д`)。

しあわせの花束―中原淳一エッセイ画集 (コロナ・ブックス)

SILVER BLITZスペシャルカードスリーブ 絵師100人展 かんなぎれい

映画『HK 変態仮面』先行上映をバルト9で観てきました。

http://hk-movie.jp/

ネタばかりで実際は安っぽい映画かなと不安でしたが、たっぷりとした変態でした。
いや、意外にも女性にもお薦め☆の作品です。

あと、今回のプロデューサー小栗旬が「変態仮面大好き!」…ていうのに、どこか違和感をずっと感じていたんですが、無意識下で「小栗旬は『花さか天使テンテンくん(作:小栗かずまた)』が大好き!!」…という思い込みがたぶん私にあったからです。
いやぁ、足幡の脳内検索って↓(※画像イメージ)のような感じなので。

小栗旬検索


というわけで、ふだん変態で悩んでいる人には是非ともオススメです。
上級者のあなたにも満足いただけるようかなりマジで変態な敵も出てきますし。
心地良いエクスタシーを伴うフィット感にフォオオオオオオオオーッ!!!
ってなります。
繰り返しになりますが、変態にはマジでお薦めです。あと僕は変態ではないです(`・ω・´)キリッ

HK/変態仮面 アブノーマル・パック[DVD]

映画Ted

いやぁ、クマが可愛いかキモいかというより、27年仲のいい友達ってあんな感じになるよねっていう痛気持ちいい映画でした。ていうか酒飲んでDVD観て「いやあ、『フラッシュゴードン』最高だよ!ただのアメフトボーラーが世界を救うんだぜ…」的にダベっている様は、何処かの国のガンダムオタクとなに一つおなじですね(`・ω・´)キリッ!

あと俺、「今すぐ来いよ足幡!いま俺ん宅で飲み会やってるんだけど出渕裕が来てるんだぜっ!」って電話着たら、彼女とデート中でも行きますね(`・ω・´)キリッ。

http://ted-movie.jp/

それと日本語吹き替え版はクマの声が有吉弘行で、クマの若い頃の声が釘宮理恵です。w

テッド [DVD]

Ted 24-Inch Talking Plush Teddy Bear テッド テディベア 映画のテッドと等身大 おしゃべりぬいぐるみ 「R指定版」 24インチ 並行輸入品

↑このページのトップヘ